本文へスキップ

私たちの知識・技術を地域にも活かします。

宮の谷処理施設

 YM菌とは

 発酵菌(YM菌)とは、株式会社山有(鹿児島県)が開発した菌で、 鹿児島市の下水道汚泥の肥料化に使用しており、20年以上の実績があり安全性が確認されている超高温で発酵する好気性菌である。

 YM菌の特徴

  • YM菌による発酵温度は摂氏85度以上で発酵する。
  • 発酵完了までが50日前後で、短期間で完熟堆肥が製造できる。
  • 悪臭を発する有機廃棄物をYM菌と混合すれば臭いが軽減する。
  • 発酵設備はコの字型堆積槽で、運転経費も安価である。
  • 発酵温度が高いので雑菌が死滅する。
YM菌


伊方サービス株式会社

〒796-0421
愛媛県西宇和郡伊方町九町
字コチワキ3番耕地40の3

TEL 0894-39-0580
FAX 0894-39-0583